そうだったのか!目的別に見る金属加工!

酸洗い・エッチングと金属加工の関係

金属加工の際には、熱処理などにより生じた焼き付きや金属に付いたさびなどを洗浄により取り除く必要があります。その代表的な洗浄方法として酸洗いがあります。酸洗いとは、溶接やロウ付けによって出来た焼き付きやスケールやサビ、酸化被膜などを塩酸や硫酸で洗い流す方法です。鉄鋼、ステンレス、チタンなど金属の種類によって、使用する酸の種類や混合比、濃度、温度や時間が異なりますので、洗う際は注意が必要です。酸洗いの応用として、化学薬品による腐食作用を利用したエッチングと呼ばれる手法で金属の表面加工を施すこともあります。プレス加工やIC・プリント基板のリードフレームを製造する際に余分な部分を除去したりするのに使用されます。

アルカリ洗いと化学洗浄処理の注意点

化学洗浄処理については、酸洗いの他に、アルカリ洗いという方法もあります。金属加工の際にめっきを施す場合、その素材の表面を炭酸ソーダ、苛性ソーダ、リン酸ソーダ、ケイ酸ソーダ、青化ソーダなどのアルカリ溶液に浸したり、電解によって洗浄する方法がアルカリ洗いです。非鉄金属などの素材によっては、溶液に浸しておくと溶けてしまったり、変質してしまったりするので注意が必要です。酸洗いやアルカリ洗いなどの化学洗浄処理を行う場合は、廃液処理の際に注意しましょう。廃液をそのまま下水や河川に放流すると水質汚染につながりますので排水設備の導入や廃液処理業者に依頼して処理してもらうなどの対策が必要です。法令にふれると罰則を受けますので気を付けてください。

リン酸処理とは、化成処理の方法の一つであり、金属の表面に薄い金属塩の皮膜を作るものです。塗膜を剥がれにくくすることを目的として、自動車などに採用されています。