削るだけじゃない!金属加工の世界

エッチングという処理について

エッチングとは、削ることでできる角やバリを取り除くことです。いろいろな方法がありますが、面取り用の刃物で加工したり、刃物でR加工を施したり、やすりで磨いたりすることができます。どうしても微小な角が残ってしまう難点があります。エッチングの目的は、角をとることで手触りをよくしたり安全を確保したり見栄えをよくする効果があります。また、バリはただ見栄えやけがをする要因になるだけでなく、脱落することで悪影響を与えます。例えば、機械の一部として用いられている部品では、回転中に脱落して部品に咬みこんでしまい動きが悪くなるということが起こります。液体の流れに使われている部品の場合、脱落したバリで流れが詰まってしまうこともあります。

酸洗いという画期的な方法

酸洗いとは、酸性の液体に金属をつけることで、微小に溶けていくという原理を応用したエッチング処理の方法です。バリや角をとるだけでなく、表面の粗さも改善する効果もあります。メリットは、液体につけるだけで処理ができるので人件費の削減になることと大量につけることができますので処理能力が高いことです。設備も簡易的ですし、使用する液体も繰り返し使うことができますのでランニングコストがかかりません。注意点は、大きなバリを溶かすことは時間がかかりますし、溶かす大きさに限度がありますので、バリの大きさと液体につける時間を研究することと管理をすることが大切です。また、有害な液体ですので、水での洗浄工程を設ける必要があります。

酸洗処理は、金属製品を硫酸や塩酸につけて表面についた不純物を取り除くことです。サビも取ることができます。