酸洗い?アルカリ洗い?科学洗浄処理とは?

酸洗いの特徴と注意点

金属加工の際には、酸洗いまたはアルカリ洗いという化学洗浄処理が必要になります。まずはじめに酸洗いとは、金属の熱処理、ロウ付け、溶接によって発生した焼き付きやスケール、さびなどを塩酸や硫酸で洗い落すことです。エッチングの際にもこの方法が取られます。素材についた不純物、スケールなどを洗浄せずに、メッキ処理などを行うと、メッキの付きが悪く不良が出ます。チタン、鉄鋼、銅合金、ステンレスなど金属の種類によって、洗う際の酸の種類や混合比、濃度、時間や温度というのは異なります。それを間違えると、全く酸洗いの効果が出なかったり、素材を痛め、溶けて無くなってしまうという事もありますので注意が必要です。また、酸処理後は、その排水をそのまま下水や河川に流すと水質汚染につながりますので、知識や排水設備のない人は必ず排水業者に廃液処理を依頼した方がいいでしょう。

アルカリ洗いの特徴と注意点

アルカリ洗いとは、金属などをメッキする際に、素材の表面を炭酸ソーダ、ケイ酸ソーダ、苛性ソーダ、リン酸ソーダ、青化ソーダなどのアルカリ溶液を用いて浸したり、電解によって洗浄する方法です。安価な洗浄方法ですが、非鉄金属をアルカリ洗浄すると、素材表面が溶解したり変質したりして荒れやすいのが欠点です。素材を振動させたり、液を撹拌したり、超音波を用いると洗浄効果を増す事が出来ます。酸洗いと同様に廃液処理には注意が必要です。金属加工の分野とは異なりますが、清掃の際にもアルカリ洗いが効果を発揮します。アルカリは汚れの中の油分と反応しますので、油汚れや皮脂汚れを落とす際にもアルカリ溶液の炭酸ソーダなどが使われる事があります。

金属表面処理は対象物に皮膜を作ることで傷や変色などの劣化を防ぐ目的で行われます。特に精密機器の部品などは品質維持が重要なので、高品質の薬剤で処理を行う必要があります。